「どうせ自分なんて」と思いがちな人は塾経営で失敗する

ネガティブ思考

 

性格上、「どうせ自分なんて」と思いがちな人には、学習塾の開業をオススメしません。塾長オーナーが自分自身を信じず、自信を持てない状況では、保護者や生徒に対して「リーダーシップ」を発揮できるわけがないからです。

 

保護者は塾長オーナーを信じて大切な我が子を預けるのです。「どうせ自分なんて」といったネガティブ思考での塾経営では保護者・生徒に失礼です。


そもそも「どうせ自分なんて」という状況は、相手の注意を惹きつけようとする心理(一種の甘え)が働いており、サービスを提供するどころから、逆にサービスを受ける側になっているのです。

 

学習塾はサービス業です。ネガティブ思考にならず、プロ意識を持って常に「ポジティブ思考」で良質なサービスを提供しようとする努力が求められます。その「努力」はやがて、地域にとって大きな信頼となり、「ブランド」にまで成長していきます。学習塾の生徒募集の理想は「口コミ」と言われるのは、作り上げた「ブランド」が地域に認められた結果を示しているのです。

 

「どうせ自分なんて」といったネガティブ思考は塾経営に向かないと言ってきましたが、実はリスク管理という側面では優れた能力を発揮します。

 

マイナス要素に気づけるということは、危険を察知することが得意だということです。だから、最悪を想定しつつも、それはそれで割り切ってポジティブ思考に切り替えることができれば、陰陽合わせ持った「鬼に金棒」経営に変わるのです。

 

「どうせ自分なんて」と思いがちな人によく見られる、どんどん悪い方へと思考が進んでしまう負のスパイラル。学習塾を経営したい思いが強いのなら、開業前に今から挙げることに気をつけて、少しずつ意識的に自分の心をコントロールする術を学んでください。

 

まず、「どうせ自分なんて」と思い始めたら、頭の中に浮かんできたことを考えないこと、追いかけないこと。これが大切です。しかし、人は常に何かを頭の中で考える生き物です。内面で考えることが得意なあなたですから、一人でいる時も頭の中ではいろんな思考が巡っていることでしょう。

 

では、どうしたらいいのか・・・。

 

ずばり!「得意な事」を考えるようにしてください。「自分が得意な事」「自塾が得意とする事」「他者が”いいね!”と言ってくれた事」を思うようにしてください。

 

ネガティブなことで頭がいっぱいになる前に、考えるのをやめ、追いかけることもやめる。「得意な事」「自塾の強み」を考える習慣を持つことで、徐々に「自信」を積み上がっていき、サービスを提供できる側に切り替わってきます。

 

余裕が出てくれば、自然と「笑顔」がつくれるようになってきます。保護者も生徒も、人間なら誰でも塾長オーナーの笑顔に「親身なサービス」を感じるものです。「どうせ自分なんて」経営からの脱却。経営を成功させるため、塾開業前に充分に意識改革を実施してください。


学習塾フランチャイズ(FC)選びに欠かせない4つのポイント

学習塾フランチャイズ(FC)選びに欠かせない4つのポイント

 

一般にフランチャイズ(FC)は、個人・法人問わず、統一ブランドで同じ事業を営む形態です。学習塾業界においても、運営ノウハウが開業当初から手に入るという理由で、フランチャイズ加盟を選ぶ方は多いです。

 

フランチャイズ加盟には、ブランドを活用して地域の信用を得やすいメリットもあります。その一方で、開業後に「こんなはずじゃなかった」という声が挙がるのも事実です。フランチャイズ加盟にあたっては、次の4点を押さえてください。

 


価値観が合うフランチャイズ(ブランド)を選ぶ


ここで言う「価値観」とは、教育理念やビジネスの考え方を指します。子どもたちへの教育、その価値、日本・世界への広がり、貢献性など、共感できる点が多いブランドを選ぶべきです。

 

開業当初から価値観が合わないと、フランチャイズ本部の方針や企画に添えず、徐々に疑心暗鬼を生じてきます。この「疑心暗鬼」が大きくなると、フランチャイズ本部を信じられなくなります。

 

最終的にフランチャイズを脱会することになります。脱会してしまっては、フランチャイズ加盟の強みを最大限に活かせず、加盟金や時間の損失となります。「価値観」の確認はフランチャイズ加盟の絶対条件です。情報を徹底的に収集してブランドを選定してください。

 

 


契約をフランチャイズ本部任せにしない


独立開業をお考えの個人に見られることですが、「フランチャイズ本部(あるいは営業担当者)への信用」を理由に、契約書の内容を詳細に把握せず、サインしてしまうケースがあります。

 

独立開業となれば、たとえフランチャイズに加盟したとしても「自己責任の原則」で経営をすることになります。本部が具体的にどんな所まで加盟校をサポートしてくれるのか、契約書ベースで確認してください。特に事業計画書の作成(融資に関連)、テナント選定協力、生徒募集支援、(定期的)経営アドバイスなどが重要です。

 

 


過去のトラブルを確認する


過去に加盟校との間にどんなトラブルがあったかを確認しましょう。トラブルがあった場合には、本部はどのように対処したのかを確認します。トラブルの種類や対応内容から本部の姿勢が見えてきます。

 

また、営業担当者の説明時の態度や雰囲気も判断材料になるでしょう。信用に足るフランチャイズ本部か、心から納得できるまで、フランチャイズ本部への訪問なり、「(ブランド名) 訴訟」「(ブランド名) 詐欺」などのインターネット検索などを行って、情報収集に努めましょう。

 

 


加盟校の話を聞く


気になるフランチャイズ(ブランド)があれば、まず資料を請求してみましょう。どのブランドに請求しても、「加盟者の声(冊子)」が送られてくるはずです。

 

フランチャイズ本部にとって都合の良い内容が送られてきますが、写真付きで「加盟者の声」が掲載されているということは、「加盟者が実在していて、成功されている証拠」と考えることができます。どのような考え方で加盟したのか、どんな考え方ならブランドを活用して成功に至るのか、自分自身の考え方との違いを知るためにも、「加盟者の声(冊子)」は必ず精読してください。

 

 


まとめ


学習塾フランチャイズの加盟にあたり、自分自身の中にブランドに対する「信用」を築くことができるかどうかが一番重要です。そのためには、どんな教育ビジネスをやりたいのか、加盟後にどうなりたいのか、情報収集と整理(未来設計)が必要です。また、ブランドを信用した段階でも、契約書にサポート内容が明記されているか、リスク管理を開業前に高めておくことも大切です。