「ロイヤリティ」が学習塾フランチャイズの成功の鍵

学習塾フランチャイズのロイヤリティ

 

学習塾フランチャイズで開業を検討されている方は、「ロイヤリティ」という言葉を目にすることが多いかと思います。

 

フランチャイズでいう「ロイヤリティ」とは、ノウハウや本部サポートへの対価として支払う「お金」を指します。

 

たまに「ロイヤ”ル”ティ」と表記されることがありますが、この場合は商標や著作権の使用料という意味で、いずれにしても、ロイヤリティはフランチャイズ本部への「上納金」です。

 

月額払いであることから、「上納金」が低く、且つサポートが充実していることが理想的です。現実的には、次の4パターンに分かれます。

 

(1)ロイヤリティは高いが、ブランド力が高い。本部サポートも充実
(2)ロイヤリティが高く、ブランド力が高い。しかし、本部サポートは不十分
(3)ロイヤリティが高いのに、ブランド力も本部サポートも不十分
(4)ロイヤリティが低く、それ相応のブランド力と本部サポートで文句なし
(5)ロイヤリティが低く、それ相応のブランド力だが、本部サポートが充実していて経営しやすい

 

ロイヤリティは高ければ良いというわけではありません。逆に低いからといって、必ずしもサポートが不充分というわけでもありません。

 

「経営者本人が納得して毎月本部にお金を払えるかどうか」がポイントです。一般にロイヤリティが高いほど、経営の自由度は低くなる傾向があります。それは、フランチャイズ本部は均一均質のサービス展開を目指すからです。

 


学習塾フランチャイズのロイヤリティ


 

フランチャイズ本部による経営指導や販売指導など、開業後のノウハウ提供の対価がロイヤリティですが、だいたい売上げの10〜12%というのが相場です。

 

学習塾は仕入れなど、材料費が必要なく原価があまりかからないビジネスです。そのため、飲食業に比べ高いロイヤリティとなっています。

 

例えば、生徒50人で一人当たりの月謝2万円だった場合。収入100万円に対してロイヤリティが10%なら10万円がフランチャイズ本部に支払う金額です。

 

授業料の収入が多くなるほど、フランチャイズ本部の収入が多くなるモデルです。原理上、収入に応じてフランチャイズ本部が提供するノウハウや経営指導が強化されれば良いですが、サポート力が比例しないことも多々あるので教室側に不平不満が溜まります。

 

フランチャイズ本部の収入増に合わせてサポートが強化されるなら、良心的なまじめな本部と言えるでしょう。この場合、相互にWINーWIN関係を築けて成功しやすくなります。

 

ロイヤリティ0円を提案するフランチャイズもありますから、広い視野で学習塾ブランドを調査されることをオススメします。


学習塾もPDCAが大切!データを残す習慣があれば成功しやすい

学習塾経営もPDCA

 

学習塾の経営で一番大切なのが「生徒募集」です。折込チラシやポスティング、校門前チラシ配布など直接的な募集だけでなく、日々の授業での塾長・講師の言動が「生徒→保護者→口コミ」のように間接的に影響するものもあります。

 

「生徒→保護者→口コミ」の流れでわかるとおり、学習塾は人気商売のサービス業です。では、人気商売経営を客観的にどのように管理し、より良い形に伸ばしていくのか。その答えは「数値管理」にあります。

 

何万部のチラシ?

  ↓ (確率○○%)

何件の問い合わせ?

  ↓ (確率○○%)

何件が体験?

  ↓ (確率○○%)

何人が入塾?(兄弟姉妹も引き込めた?)

 

例えば、何万部のチラシで何件の問い合わせがあったか。そのうち、何件が体験につながり、体験から何人が入塾に至ったか。各プロセスを数値で把握することで、次プロセスへ進むための確率が見えてきます。数値管理を行えば、自塾の課題が自ずと明らかになるのです。

 

また、チラシの内容、配布時期の記録も大切になります。「昨年と比べてどうだったのか」「昨年の同日と比べてどのだったか。今年はどのような傾向が考えられるか」など、数値をもとにして推論や具体的な対策が見えてきます。

 

基準のないところに対策は立てられません。生徒募集活動のプロセス・結果をデータで残せる「数値に強い塾」は、Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)の 4段階を繰り返せます。結果として、継続的に業務を改善でき、成功しやすい経営となります。

 


開業前に始める「定点観測」


数値管理が経営上、とても重要なことはわかるが、数値管理が苦手という方。そんな方は、自分の行動を「定点観測する」ことをオススメします。

 

「コピー枚数」「電話をかけた回数」「“ありがとう”と言われた回数」など、計測できることであれば何でもいいのです。数字で記録するテーマを一つ考え、1日1分、その日に記録した数値を振り返ります。とにかく大切なことは、毎日の習慣にすることです。

 

記録が楽しくなり、管理するテーマが増えてきたら、数字への苦手意識が消えていきます。そうなれば、仕事の質は飛躍的にアップしていきます。ぜひ、学習塾の開業前に「定点観測」を身につけてください。塾開業後の成功がグッと近づきます。

 

※学習塾ではオーナー塾長が一人で経営している場合があり、意外と数値管理が徹底されていない事が多いのです。数値管理こそ、成功のポイントです。