学習塾の開業前に準備しておきたい塾長プロフィール

学習塾の開業前にプロフィール作成をする

 

学習塾の開業にあたり、充分に時間をかけて準備したいのが「塾長プロフィール」です。保護者は大切な我が子を塾に預けるにあたり、「どんな先生なのか」をプロフィール文から探っています。

 

「文は人なり」と言われます。保護者は文章から塾長の人柄を推測し、掲載されている写真から「雰囲気」を感じています。先入観を構築しながら、我が子を預けて安全かどうかを判別するのです。

 

塾長のプロフィールは、「自塾のブランド」に直結するほど重要な要素になります。だからこそ、徹底してこだわって良いポイントです。

 

しかし、実際は「プロフィールの書き方がわからない」という方が多いものです。いかにしてプロフィールで「共感・信頼」を得るか。

 「プロフィールに書かれていた○○に心を打たれました」
 「プロフィールに書かれていた○○に共感できました」

このような保護者の声を得ることが目標になるでしょう。

 

では、どのようにプロフィールを作成するのか? 


とにかく「想いを込めて自分の経験や考えを書く」ようにしてください。

 

ただし、注意点があります。有名人であれば、冒頭から生い立ちを語っても読んでもらえますが、現実にはあなたのことを知らない保護者がほとんどです。いきなり淡々と、語りだしても保護者は退屈します。

 

では、どうすればいいのか?

 

そこで次の3項目に分けて、プロフィールを書くようにします。

 


(1)プロフィールの冒頭でインパクトを与える


お笑いで言うところの「つかみ」です。保護者は、あなたに少しだけ興味を持ってプロフィールを読み始めようとしています。ここで更に保護者を引き込むためには、興味を引くキャッチコピーが欠かせません。

 

例えば、自分の経験の中から、

 「えっ!何?」「凄い!この人」
 「どういうこと?なんだか興味がある・・・」

と思われそうな経験をキャッチコピーにして打ち出します。

 

とにかく、過去の自分を振り返って、経験の棚卸しを行ってください。

 


(2)パッと見て目を引く画像を掲載


プロフィールに沿った画像で興味を引きつけます。ただし、インパクトを狙い過ぎて、教育者のイメージにふさわしくない、保護者(母親)から見た場合に違和感がないように、細心の注意を払う必要があります。

 

写真の明るさ・鮮明度・撮影角度などでも保護者が感じる塾の雰囲気が変わりますから、掲載する画像には徹底的にこだわってください。

そして、必ず女性の率直な意見を聞き入れて掲載する写真を決めるようにしてください。

 


(3)共感ポイントを掲載する


■現在お住まいの地域
■出身地
■趣味
■既婚・未婚
■仕事
■家族


などに加え、

 

■好きな物、嫌いな物
■年齢
■前職
■出身学校

 

なども掲載します。

 

もちろん、全てをさらけだす必要はありませんが、共感ポイントが多ければ多いほど保護者を引き込みやすくなります。自塾のブランド作りと考えて、上記の項目を配置しておきましょう。

 

 

(1)〜(3)を徹底するだけで効果的なプロフィールに仕上がりますが、さらにコーナーリングギリギリを攻めたい場合には、「秘伝の必殺技」があります。

 

それは、自分を飾らずに、

 

「失敗談や恥ずかしい過去を語る」

 

ことです。

 

プロフィールで強みばかりを挙げてしまい、一見すると自慢話に見えてしまうことがあります。保護者の反感を買うだけで終わらないようにすることが大切です。

 

人間は失敗談や弱点をさらす人に共感を得る性質があるので、
 「この人にもこんな経験があったんだ〜」
と思わせる文章を入れると効果的です。

 

文章の締めは、「困難を乗り越えて今がある」という流れにしましょう。

 「こんな経験を乗り越えてきた先生なんだぁ」
と、理解されることで、共感から信頼へ近づいていきます。


自分をさらけ出さないと、相手も心を開きません。「共感・信頼」を得られることで、保護者から体験申込みが入りやすくなりますし、来塾いただいた際に高い信頼のもと、入塾クロージングが行えます。

 

開業後の塾経営をスムーズに軌道に乗せるためにも、プロフィール作成には力を入れましょう!


学習塾経営を失敗させないチラシの考え方

学習塾経営を失敗させないチラシの考え方

 

学習塾経営は何と言っても「生徒募集」が大切です。そして、生徒を獲得するためには、まずは「問い合わせ(反響)」がなくてはなりません。いかに反響を起こすか。まずこの壁を乗り越える必要があります。

 

反響を起こす媒体にはどんなものがあるでしょうか。チラシ、ホームページ、SNS、外部の生徒募集サイト、フリーペーパー・・・など、細かなものまで含めればたくさん挙げることができます。

 

さて、人間はどんな世界に住んでいるでしょうか。デジタル化して機械の中に住んでいるでしょうか。人間はほかの動物と同じように、アナログ世界の住人です。だからこそ、アナログ世界で触れたものに反応して、インターネット検索に流れたり、電話で問い合わせたりします。アナログあってのデジタルです。

 

アナログ媒体で代表格は「(生徒募集)チラシ」です。しかし、チラシは何も工夫をしなければ、

・見ない
・読まれない
・理解されない
・信じてもらえない
・行動に結びつかない

というように、「ないない」づくしなのです。だからこそ、以下の「チラシの工夫」を押さえましょう!

 


チラシの工夫1
「見ない」→「見る」に変える


とにかくお客様はチラシを見ません。特に学習塾チラシは、必要な時でないと全く目に入らないと言ってもよいでしょう。だから、「見ない」を「見る」に変えるためには、工夫が必要です。


例えば新聞折込であれば、折込チラシが少ない日を調査します。ちょっとしたことですが、「見る」確率を高めるために必要な準備です。


そのほか、折込チラシを束ねる「帯」に自塾のチラシを活用してもらえるように、折込業者に依頼する方法もあります。折込業者と仲良くなることも大切です。

 


チラシの工夫2
「読まれない」→「読まれる」に変える


チラシを見させる工夫が功を奏したとしても、お客様はチラシの内容を読みません。だからこそ、チラシの見せ方を工夫する必要があります。

 

例えば、小見出しをつけたりする方法が挙げられます。母親に読んでもらいたい場合には、女性が読みやすいような色使いやフォント(文字のスタイル)にも配慮しましょう。ちなみに、人に行動を起こさせるカラーは「赤色」です。読ませたい箇所に効果的に赤色を使いましょう。

 


チラシの工夫3
「理解されない」→「理解される」に変える


工夫を凝らし、どうにか保護者がチラシの内容を読むに至ったとしても、決して内容を理解されないものです。そんな時、保護者の理解度を高めるのに役立つのが「キャッチコピー」です。

 

キャッチコピーの役割の一つは、「読み手の目に留めること」です。訴求力のある、優れたキャッチコピーを作成したとしても、目に留めてもらわない限りは理解を深めてもらえません。

 

目に留めてもらいやすくするために、ぜひ「キャッチコピーをどデカくする」ようにしてください。ポイントは、単に「デカく」ではなく、「どデカく」です。キャッチコピーをどデカくすると、パッと目に留まりやすくなります。

 

次のポイントは、「すぐに理解できるか」です。「0.5秒で何のチラシか」がわかるチラシを目指します。そのための方法としては「写真」が有効です。

 

例えば、先述のキャッチコピーとともに子どもが机に向かって勉強しているような写真が載っていたらどうでしょうか。直感的に学習塾のチラシだと理解されやすくなり、チラシが保護者にとって関係があることであると、気づいてもらいやすくなります。

 

楽しい授業の雰囲気が伝わる写真だけでなく、先生の写真も載せることで信頼感が高まります。チラシに使用する写真には最大限こだわりましょう!明るい写真を厳選してください。