学習塾の「顧客の二重性」を熟知している人は成功しやすい

学習塾の「顧客の二重性」を熟知している人は、学習塾業界では成功しやすいと言えます。顧客の二重性とは、「サービスを受ける顧客(=生徒)と対価を払う顧客(=保護者)が異なる」ということです。多くのサービス業では、サービスを受けた顧客が対価を支払います。例えば、「この店のラーメンは少し高いけれど、とても美味しい!また来たい!」などと思いながら、ラーメンの代金を支払います。その後、場合によってはサービスを受けた顧客から口コミが発生することになります。知人・友人を連れてラーメンを食べ来るシーンが想像できるのではないでしょうか。

 

 

一方、学習塾では生徒がサービスを受けますが、保護者が「この塾は全然良くない」と感じたら、退塾にいたる可能性が高くなります。生徒に対してどんなに一生懸命サービスを提供していても、それが保護者に伝わらなければ、「この塾は全然良くない」という評価になってしまうのです。学習成果があがったとしても、学校の成績に表れる前で、保護者が成果の事実を知らなければ、「この塾は月謝の割りに結果が出ない」という話になっていきます。

 

想像してみてください。生徒にとって居心地のよい塾で、塾講師とは友達のような会話が交わされる場合です。生徒の自主性を重んずるという名目で、たっぷりと自由時間が与えられていれば、生徒の満足度は高い塾になっているかもしれません。しかし、そもそも自主性がないから学習塾に通わせているケースで、学習成果があがりにくい状況だったとき、保護者の満足度は決して高くならないでしょう。子どもがどんなにその塾を気に入っていても、月謝に対して結果(成績向上、勉強習慣など)がついてこなければ、保護者は満足できないです。

 

 

金銭を支払う点において、最終決定権を保護者が持っており、「子どもの口コミ」と「大人の口コミ」では、どちらの影響力が大きいかは言うまでもないことです。「直接サービスを受けない顧客(保護者)が大きな力を持つ」のが学習塾の特徴です(特に母親に決定権があることが多い)。学習塾の運営を成功させるためには、とにかく保護者に塾のことを知ってもらうこと、保護者との接点をたくさん持つことです。顧客の二重性を熟知していれば、次のような方法が運営上、とても重要なツールであることに気づけます。重要性を熟知していれば、常に保護者との接点を開拓し、関係を継続することができます。結果として、塾経営の成功につながっていきます。

 

◆保護者との接点をたくさん持ち、 継続できることが大切!

 

  • 保護者面談会(年3回)
  • 安全メール(入退室時)
  • 定期テスト結果の速報チラシ
  • LINE等での密な連絡
  • 電話(月1回程度)
  • 塾通信(月1回)
  • 送り迎えの時の挨拶
  • 年賀状
  • 暑中見舞い
  • 塾ブログの更新
  • 親子イベント(年1回程度)
  • 運動会応援の際の挨拶

学習塾業界で成功しやすいバランス感覚の持ち主

「受験は、単に志望校へ合格させることではない」と考えられる人は、学習塾業界では成功しやすいバランス感覚の持ち主です。子ども達がこれから直面するであろう、様々な壁を乗り越える「勇気」と「行動力」を培うための試練の一つとして「受験」を捉えられるかどうか。「目標設定の重要性」「努力の大切さ」を伝える役割を認識した上で、必ずしも「志望校合格」だけに焦点を合わせないバランス感覚です。

 

 

学習塾の使命をひと言で表すなら「学力向上」に尽きます。ただ、ここで言う「学力」とは点数アップとか志望校合格といった狭義的な学力ではなく、もっと広義的な学力を指します。体験学習・野外活動・ボランティア活動・デジタル教育など、私教育は公教育に比べて自由度が高く、より幅広く深い教育を提供することができます。近年であれば、英検対策は代表例に挙げられるでしょう。英検に合格できれば入試を有利にできる可能性が出るばかりでなく、今後の国際社会の中で必要な「英語力」を高めることができます。さらに、英語を使って日本人として何を語るのか、想像の幅を広げていくと、日本の歴史・文化を学ぶことの重要が深まってきます。デジタル教材を使った授業が主軸であれば、パソコンやタブレットの使い方に加え、検索方法やインターネットの便利さを伝えることができます。自分で調べ、学ぶことができるようになれば、生涯学習として一番重要な「自立学習の姿勢」を育むことにつながります。

 

 

「本当の学力とは何であろうか?」このような問いについて、自問自答したことはないでしょうか。大人の社会では単に計算力が高ければよいわけでもなく、想像力や発想力が求められるシーンも多々あります。「学力」とは「周囲の要望に合わせて変幻自在に活用できるツール」と言えるのかもしれません。学力にも「世のため、人のため」の言葉が当てはまると考えれば、子ども達には様々な分野で「学力」の向上につながる経験をさせたいものです。

 

 

学習塾での独立開業をお考えの方は、ぜひご自身で「教育理念」を立てるようにしてください。フランチャイズ比較サイトで資料を請求する前に、大まかでもよいので自分の教育理念、その方向性を考えてみることです。ブランド選定の際に必ずその理念が活きてきます。もし、ゼロベースでは考えられない方は、過去の偉人/教育者の名言を引用する方法でも良いでしょう。とにかく、教育理念が無く、「学力」=「受験」=「志望校合格」という捉え方だけでは、やや学習塾を運営する側としては視野が狭いと言えます。(※コンセプトとして難関校への進学実績を売りにする進学塾を目指す場合は、逆に視野の狭さが他塾との差別化につながり、強い武器になってきます。)