営業職経験者は学習塾で成功しやすい

営業職経験者は、学習塾で成功しやすいと言えます。営業職と言っても業界によって異なりますが、根底にある役割・責任には大差がないでしょう。ここで、ある営業職の例を考えてみましょう。まず第一段階では、初対面にも関わらず営業をかけるところから始まります。クライアントと一緒になって、より良い状況となるように企画を詰めていきます。この企画は一旦、社内に持ち帰って調整し、クライアントと信頼関係を高めつつ、調整済みの単価を提案して最終的に受注につなげます。

 

 

第二段階では、クライアントの要求通りか、それ以上の何かを納品し、やっとここで「売り」が立ちます。時に返品処理や作り直しなどの対応も必要でしょう。第三段階では、納品の翌月末までに代金の回収を行います。入金確認ができて始めて「実績」と認める会社は多く、営業マンが一番達成感を感じられる瞬間です。

 

その後は、そのクライアントが良いリピーターとなるよう、継続的に信頼関係を高めていきます。時に仕事以外の相談すら受けることもあるかもしれません。いずれにしても、細かい仕事は事務職・経理職の人へ分担できたとしても、代金の回収・信頼構築、継続など、すべてを把握する責任が営業職には課されます。

 

営業経験者は「商売の基本」をバランスよく学んできた人と言っても過言ではないでしょう。さらに加えるとすれば、営業職として会社の代表として全面で常に戦ってきた経験によって、いつでも強制的に仕事に対して主体的になれるスキルを有しているとも言えます。クライアントとがっつり利害関係で結ばれてきたと同時に、本当の人間関係とは何であるのかも深く理解している方も多いことでしょう。

 

 

ここで学習塾に話を戻しましょう。学習塾の経営は、「生徒数」×「月謝単価」×「継続期間」で成り立っています。学習塾での第一段階の営業は、問い合わせが入って無料体験を行い、入塾させるまで。つまり、「生徒数」を意味します。入塾時に「月謝単価」は決定しますが、保護者との信頼関係を高めて、徐々に「単価」を上げていく交渉が第二段階の営業です。そして、たとえ成績が下がっても即座に退塾しないほどの信頼関係を構築し、卒業までの長い期間を通塾いただくこと。これが第三段階の営業です。つまり、「継続期間」を意味します。

 

学習塾はサービス業です。生徒には教育者でありながら、保護者には営業マン。営業職の経験を活かせば、「生徒数」×「月謝単価」×「継続期間」を最大にできる可能性があるのです。同時に、学習塾業界の発展に大きく貢献できるのです。


市場調査・物件探し・開校準備が万全なら学習塾開業の関門突破

「市場調査」「物件探し」「開校準備」が万全なら、学習塾を開業して成功するための第一の関門を突破していると言えます。「市場調査」と聞くと、どんな項目を想像するでしょうか。特に学習塾開業前の市場調査では「小・中学校の生徒数」「エリアの人口と学齢人口」に重点を置きます。このとき、「学齢人口分布」が分かればベストです(興味のあるフランチャイズ本部が見つかっていれば、担当者に相談すると良いでしょう。親身に手伝ってもらえるはずです)。

 

 

次に「物件調査」です。建っているだけで宣伝効果が生まれる物件がベストです。例えば、バス通りに面した所や駅前、人通りが多く、看板を見やすい位置に設置できる物件です。車が止まる度に宣伝効果を生む「信号機」の位置もチェックポイントになります。そのほか、抑えておきたいのが「駐輪場」です。生徒が通塾するにあたり、自転車を使うケースは多いものです。自転車をマナーよく配置できるかどうかは、駐輪場の有無にかかっています。駐輪マナーが守られなければ、ご近所から嫌われるばかりか、「学習指導の質」さえ問われ始めるから不思議なものです。

 

 

学習塾テナントの定番は、1階ガラス張りです。歩行者の目線で学習塾が視野に入り、授業の雰囲気を外から知ってもらえると宣伝効果が生まれます。逆に避けたいのが、繁華街や夜道が暗い場所、飲み屋の上階です。子どもたちが通塾するシーンを思い浮かべたらわかりますが、学習塾のテナントとしては、教育にふさわしくない条件を避けるのが無難です。テナントの選定は、周囲の環境や条件が絡むもので、素人では難しいものです。経験豊富なフランチャイズ担当者とともに、複数の案件から比較検討できると理想的です。ちなみに、個別指導塾では最低15坪(約49屐飽幣紊必要です(15坪で生徒数80〜100名規模)。

 

最後に「開校準備」。電話・FAX・メールアドレスのほか、生徒募集チラシに机・椅子・パソコン・・・と、本当に書ききれないほどのチェック項目があります。数あるチェック項目の中で、厳選して挙げるとすれば、「自塾の教育理念」「コース料金表」「入塾手続き(書面一式)」「入塾クロージング(練習)」「無料体験授業(内容)」になります。開校準備には、生徒募集のための具体的な行動計画(ポスティング・新聞折込ほか)も含まれます。なお、フランチャイズ本部には開校準備チェックリストが準備されていますので、その点は安心できるでしょう。


「子ども好き」は学習塾で成功できる重要な条件

あなたが「子ども好き」なら、学習塾で成功できる「重要な条件」を備えていると言えます。子どもは表も裏もなく、私たち大人のしぐさを観て、直感的に「子ども好き」かどうかを察知します。「子ども好き」でなければ、楽しんでストレートな子ども達の気持ちに応えることが難しいでしょう。逆に楽しんで対応できなければ、子ども達は先生との間に「心の距離」を感じてしまうものです。「子ども好き」であってこそ、心がこもった叱咤激励の指導が行えます。

 

 

学習塾サービスのうち、非常に重要な位置を占めるのが「生徒のモチベーションアップ」です。各生徒について「承認」できるポイントを見つけ、適時適確にモチベーションが高まるように対応します(※モチベーションを高める具体的な方法は、フランチャイズの研修プログラムで学ぶのが効率的です。キーワードは「子ども向けコーチング」です)。

「子ども好き」が根底にあれば、承認ポイントをたくさん見つけられるはずです。とはいえ、教育未経験者は個別に承認ポイントを見つけられるか不安に思っているかもしれません。そんな場合は「定番」として次の項目を挙げておきます。

 

[ 生徒の努力を掲示する ]

  • テストの結果掲示(伸び率など)
  • 無遅刻・無欠席
  • 検定の取得(英検・漢検・漢熟検・数検など)

 

[ お知らせの掲示 ]

  • 職業紹介(どういう勉強・学歴が必要か)
  • 学校紹介(力を入れている分野・スポーツ・進路)
  • 入試制度

 

実は、生徒の名前を多様な視点で掲示することで、事務的な方法でも生徒のモチベーションを高めることができます。

 

 

「切磋琢磨(せっさたくま)」という言葉をご存知でしょうか。辞書には、「学問・道徳に、励みに励むこと。また、仲間同士互いに励まし合って向上すること。 」と意味が記されています。学習塾には一人では勉強ができない子が集まる場合が多いため、ある意味、学習塾とは「学習空間を提供するサービス」でもあります。つまり、学習塾の価値は、「切磋琢磨」空間のレベルの高さと考えることができるのです。この時、「仲間同士」の中には経営者・オーナー・講師も含まれていれば理想的です。

 

学習塾の運営側にも学びの姿勢があってこそ、子どもの心に「学びの必要性」が伝わると考えられるからです。子ども達は本当に、我々大人のことをよく観ています。国の根本は教育にあり、地域の発展にも教育ありです。学習塾の中でも「教育=学問」の姿勢が組織全体として問われるのです。「学び」に向き合う姿勢には、大人も子どもない教室運営ができれば素晴らしいですね。「子ども好き」であれば、「切磋琢磨」空間を追求できるはずです。


リサーチが得意な人は、学習塾で有利に戦える

リサーチが得意な人は、学習塾で成功するのに有利な能力を持っていると言えます。実は学習塾の運営にあたっては、開業前にリサーチして如何に戦うかを決める必要があるからです(市場調査)。孫子の兵法で有名な言葉がありますが、ご存知でしょうか。

 

「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」
( かれをしりおのれをしればひゃくせんあやうからず )

 

その意味は、「敵についても味方についても情勢をしっかり把握していれば、幾度戦っても敗れることはない」というものです。学習塾運営での「敵」とは何を指すのでしょうか。まず第一に挙げられることは、「競合他塾」でしょう。もし、個別指導塾で開業を検討しているのなら、開業予定地の競合他塾のうち個別指導塾に焦点を絞ってリサーチする必要があります。さらに、個別指導塾にも「1対2 or 1対3形式のもの」「コンピュータを活用するもの」「自立学習をコンセプトとするもの」といった具合に、各塾の特徴をリサーチする必要があります。どんなコースがあり、月謝はいくらなのか。通塾回数のほか、ターゲット層(生徒学力)などについても調査しておきたいところです。

 

 

他にも「敵」として挙げられるものがあります。それは「学校」です。何も敵対視して学校と競うわけではないのですが、学習塾の運営にあたっては、学校の予定で影響する範囲が大きいのです。「学年ごと、曜日ごとに異なる学校の終了時間」「各学年の定期テストの時期」「運動会」など、予めスケジュールを知っているのと知っていないのとでは、準備に雲泥の差が出るというものです。

 

では、「己(おのれ)」についてはどうでしょうか。学習塾運営にあたり、「己を知る」とはどういうことを指すのでしょうか。敵を知ったうえで、「自塾で特徴付けて提供できるもの」を徹底的に考える必要があるでしょう。開業を検討しているあなた自身の性格や個性、得意分野のほか、経歴・社会経験も挙げられます。さらにフランチャイズ比較サイト でブランドを選定し、フランチャイズに加盟していれば、強力な「武器」が手に入っているはずです。

 

 

リサーチが得意な人は、「英検」一つを考えるだけでもチャンスをつかめる可能性があります。例えば、英検対策(二次試験の面接まで対応)で他塾との差別化をはかれると判断できたなら、高品質の英検対策教材を仕入れて「武器」にできます。オーナー自身が英語が苦手な場合は、ピンポイントで英検の二次試験まで対応できる人を雇って、指導面ばかりでなく自塾の広報として活躍してもらう方法だって考えられます。


「できれば学習塾には通わせたくない」保護者心理を塾経営に活かす

「できれば学習塾には通わせたくない」という、保護者の気持ちがわかる人は、塾経営で成功しやすいと言えます。わが子が「成績良好」「勉強習慣あり(安定)」「将来の夢に向かって着実に歩んでいる」状況であれば、保護者としては、お金がかかって送り迎えなどの時間も取られる学習塾には通わせたくないものです。しかし、現実のわが子は「成績低下」「勉強習慣なし」「その日暮らし」という状況・・・。だからこそ、保護者は将来に不安を抱き、問題解決策として「学習塾通い(=通塾)」を検討するのです。

 

 

「通塾」を検討するといっても、学習塾は「学習指導」とそれに付随するサービスが「商品」です。一般的に学習塾は「モノ」を売るサービスではなく、購入(=入塾)しずらい業種です。だからこそ、保護者は購入(=入塾)に際してより多くの手がかりを求めます。そこで想像してみてください。保護者は通塾の検討にあたり、どんな情報を求めるでしょうか。

 

 

保護者の関心としては定番なのは、「どんな先生なのか?」「授業風景は?」「塾は家から近いのか?」「評判は?」「信頼できそうか?」などが挙げられます。では、どんな媒体で情報を得ようとするでしょうか。「インターネット検索」「ブログ」「ホームページ」「チラシ」などがパッと思い浮かぶでしょうか。

 

ホームページでは、トップページに「塾の所在地と地図」をわかりやすく表示し、清潔で明るいイメージを抱ける写真を配置してはどうでしょう。ここでは、写真のこだわりが「指導サービスの質」に直結しますから、写真は厳選したいところです。次に授業風景。生徒が集中して勉強している姿、指導風景が写真で確認できると「塾の価値」を判断しやすいので、保護者は決して悪いイメージは抱かないでしょう。

 

ややコントロールが難しいのが、塾長のプロフィールです。通塾決定権者の多くが母親だとすると、塾長の自慢話や長い文章は好まれないかもしれません。「塾長の人柄を知りたい」状況を察すると、趣味や近況など、子どもの教育を想うメッセージがさりげなく簡潔に書かれている方がよいでしょう。あとは「生徒・保護者の声(手書きがベター)」を並べ、信頼できる塾であることを伝えます。保護者が「どんな状況で」「何を知りたいのか」を想像できれば、情報提供で大きくはずすことはないはずです。

 

 

保護者は情報収集後、何をするでしょうか。まだ月謝を払い続ける「決定打」に欠けているでしょう。そこで必要になるのが、「無料体験授業」です。「できれば学習塾には通わせたくない」気持ちを「無料体験」で和らげ、「通塾のご案内」へと導きます。よく学習塾が通塾を訴求するポイントで安い月謝料金を前面に出すパターンがありますが、 「できれば学習塾には通わせたくない」 心理を考えれば、根底には1円でも払いたくない心理があるはずです。「安かろう悪かろう」は、「大切なわが子の教育」とはミスマッチなのです。学習塾は具体的な「モノ」を売るサービスではないので、月謝が安ければ入塾しやすいとは必ずしも言えません(だからこそ、企画次第でチャンスがあります)。

 

「できれば学習塾には通わせたくない」保護者の心理を想像しながら、塾運営の企画を立案し、実行できる人は成功しやすいと言えます。失敗しても、保護者心理の見誤りと考えて反省し、再チャレンジする。そうすることで、必ず成功への道が拓けていきます。


学習塾の「顧客の二重性」を熟知している人は成功しやすい

学習塾の「顧客の二重性」を熟知している人は、学習塾業界では成功しやすいと言えます。顧客の二重性とは、「サービスを受ける顧客(=生徒)と対価を払う顧客(=保護者)が異なる」ということです。多くのサービス業では、サービスを受けた顧客が対価を支払います。例えば、「この店のラーメンは少し高いけれど、とても美味しい!また来たい!」などと思いながら、ラーメンの代金を支払います。その後、場合によってはサービスを受けた顧客から口コミが発生することになります。知人・友人を連れてラーメンを食べ来るシーンが想像できるのではないでしょうか。

 

 

一方、学習塾では生徒がサービスを受けますが、保護者が「この塾は全然良くない」と感じたら、退塾にいたる可能性が高くなります。生徒に対してどんなに一生懸命サービスを提供していても、それが保護者に伝わらなければ、「この塾は全然良くない」という評価になってしまうのです。学習成果があがったとしても、学校の成績に表れる前で、保護者が成果の事実を知らなければ、「この塾は月謝の割りに結果が出ない」という話になっていきます。

 

想像してみてください。生徒にとって居心地のよい塾で、塾講師とは友達のような会話が交わされる場合です。生徒の自主性を重んずるという名目で、たっぷりと自由時間が与えられていれば、生徒の満足度は高い塾になっているかもしれません。しかし、そもそも自主性がないから学習塾に通わせているケースで、学習成果があがりにくい状況だったとき、保護者の満足度は決して高くならないでしょう。子どもがどんなにその塾を気に入っていても、月謝に対して結果(成績向上、勉強習慣など)がついてこなければ、保護者は満足できないです。

 

 

金銭を支払う点において、最終決定権を保護者が持っており、「子どもの口コミ」と「大人の口コミ」では、どちらの影響力が大きいかは言うまでもないことです。「直接サービスを受けない顧客(保護者)が大きな力を持つ」のが学習塾の特徴です(特に母親に決定権があることが多い)。学習塾の運営を成功させるためには、とにかく保護者に塾のことを知ってもらうこと、保護者との接点をたくさん持つことです。顧客の二重性を熟知していれば、次のような方法が運営上、とても重要なツールであることに気づけます。重要性を熟知していれば、常に保護者との接点を開拓し、関係を継続することができます。結果として、塾経営の成功につながっていきます。

 

◆保護者との接点をたくさん持ち、 継続できることが大切!

 

  • 保護者面談会(年3回)
  • 安全メール(入退室時)
  • 定期テスト結果の速報チラシ
  • LINE等での密な連絡
  • 電話(月1回程度)
  • 塾通信(月1回)
  • 送り迎えの時の挨拶
  • 年賀状
  • 暑中見舞い
  • 塾ブログの更新
  • 親子イベント(年1回程度)
  • 運動会応援の際の挨拶

学習塾業界で成功しやすいバランス感覚の持ち主

「受験は、単に志望校へ合格させることではない」と考えられる人は、学習塾業界では成功しやすいバランス感覚の持ち主です。子ども達がこれから直面するであろう、様々な壁を乗り越える「勇気」と「行動力」を培うための試練の一つとして「受験」を捉えられるかどうか。「目標設定の重要性」「努力の大切さ」を伝える役割を認識した上で、必ずしも「志望校合格」だけに焦点を合わせないバランス感覚です。

 

 

学習塾の使命をひと言で表すなら「学力向上」に尽きます。ただ、ここで言う「学力」とは点数アップとか志望校合格といった狭義的な学力ではなく、もっと広義的な学力を指します。体験学習・野外活動・ボランティア活動・デジタル教育など、私教育は公教育に比べて自由度が高く、より幅広く深い教育を提供することができます。近年であれば、英検対策は代表例に挙げられるでしょう。英検に合格できれば入試を有利にできる可能性が出るばかりでなく、今後の国際社会の中で必要な「英語力」を高めることができます。さらに、英語を使って日本人として何を語るのか、想像の幅を広げていくと、日本の歴史・文化を学ぶことの重要が深まってきます。デジタル教材を使った授業が主軸であれば、パソコンやタブレットの使い方に加え、検索方法やインターネットの便利さを伝えることができます。自分で調べ、学ぶことができるようになれば、生涯学習として一番重要な「自立学習の姿勢」を育むことにつながります。

 

 

「本当の学力とは何であろうか?」このような問いについて、自問自答したことはないでしょうか。大人の社会では単に計算力が高ければよいわけでもなく、想像力や発想力が求められるシーンも多々あります。「学力」とは「周囲の要望に合わせて変幻自在に活用できるツール」と言えるのかもしれません。学力にも「世のため、人のため」の言葉が当てはまると考えれば、子ども達には様々な分野で「学力」の向上につながる経験をさせたいものです。

 

 

学習塾での独立開業をお考えの方は、ぜひご自身で「教育理念」を立てるようにしてください。フランチャイズ比較サイトで資料を請求する前に、大まかでもよいので自分の教育理念、その方向性を考えてみることです。ブランド選定の際に必ずその理念が活きてきます。もし、ゼロベースでは考えられない方は、過去の偉人/教育者の名言を引用する方法でも良いでしょう。とにかく、教育理念が無く、「学力」=「受験」=「志望校合格」という捉え方だけでは、やや学習塾を運営する側としては視野が狭いと言えます。(※コンセプトとして難関校への進学実績を売りにする進学塾を目指す場合は、逆に視野の狭さが他塾との差別化につながり、強い武器になってきます。)


「仕事に厳しく、人に温かく」が学習塾を成功に導く

「仕事に厳しく、人に温かく」と考えられる人は学習塾業界を問わず、どんな業界でも成功しやすいと言えます。学習塾において「仕事」とは、「生徒を導くこと」「生徒の成績を上げること」「経営目標を達成すること」です。生徒へ厳しく接する時も、心の奥底には「温かさ」が備わっていなければなりません。子ども達は不思議なもので、その「温かみ」があるかないかを瞬時に察知し、信頼できる大人なのかどうかを判断するからです。学習塾は教育産業であると同時にサービス産業でもあります。それが難しさであり、楽しさ・奥深さでもありますが、「人に温かく」できるかどうかは、塾運営では欠かせない要点になります。

 

 

これまでの人生で、なぜか人気がある人(先生)に出会ったことがないでしょうか。人気のある人に接すると、仕事に厳しくて、耳の痛い指摘ばかり・・・という場合も多いことでしょう。しかし、人気のある人は厳しさの反面、フォローも手厚く、「一歩懐に入るといつも温かい」印象が仲間内で話題になったりします。耳の痛いことを言われると、人は不快に思うものです。そんなことは聞きたくなくて、反対に相手を攻撃して自分を守ったりします。しかし、言ってくれる人がいるというのは実は幸運なことです。自分で気づけない欠点や、未熟さゆえの問題などを適切に指摘するのは容易なことではありません(学習塾では、月謝制の教育サービスにできる理由がここにあります)。

 

若かりし頃は、心ある人が嫌われるのを覚悟で教えてくれたものです。しかし、ある程度の年になると、痛い目にあうことはあっても、教えてもらえることは少なくなるもの。だからこそ、せめて通塾生に対しては、「厳しく、温かく」ありたいと思いませんか。温かみが伝わった生徒は、卒業後も笑顔で塾に遊びに来てくれます。学習塾をやっていてよかったと思える瞬間です。

 


人材の育成を担っていると想像できる人が成功する

学習塾のイメージ

 

学習塾業は地域ばかりでなく、日本の将来に大きく関わる人材の育成を担っていると想像できる人は、塾屋として成功できる素質を持っていると言えます。その自覚こそが「塾人の誇り」となり、大きなやりがいへと導くからです。学習塾を経営するためのエネルギーの源は、まさにその「誇り」の中にあります。

 

学習塾の開業を検討している方は、ぜひ一度、自分が学習塾を運営しているシーンを想像してみてください。その時、あなたの心の中に、塾人としての「誇り」を想像できるでしょうか。想像できないのなら、おそらく学習塾業界で成功するのは難しいでしょう。生徒募集や講師の求人、成績が伸びない子への対応、保護者からの厳しいご意見など、学習塾といっても経営である以上は「逆風」が必ず生じるからです。「逆風」を塾人の誇りでもって、いかに自分の未來の糧にできるか、その繰り返しがあなたの生きる力を高めると同時に、経営力をも高め、さらに生徒の受け皿が大きく、丈夫なものにしていきます。

 

 

学習塾のイメージ

 

成熟した教育業界で求められているものは、学校の成績向上や、受験における合格だけではありません。まして、デジタル化すれば事足りるというものでもありません。アナログ的なものとデジタル的なものの融合をベースとして、個性を重視した「人間教育」が求められています。単なる若さや情熱だけでもなく、英検対策やロボットプログラミング教室など、各種検定やカルチャー分野も視野に入れた、より広い視野で仕事ができる柔軟性と環境適応力も求められます。

 

学習塾の経営にあたり、求められる要素を挙げるときりがありませんが、すべての源は「塾人としての誇り」です。世のため、人のため。学習塾サービスにも、そのまま当てはまる言葉です。「誇り」を感じられる方が一人でも多く学習塾業界に集まっていただければと、心より願って止みません。