学習塾フランチャイズで悲惨な結末になる場合

学習塾フランチャイズで悲惨な結末になる場合


 慎重に吟味して学習塾フランチャイズに加盟したにも関わらず、悲惨な結末に至ってしまう場合があります。その原因を探っていくと、「素直」という言葉に集約されます。充実した研修内容にも関わらず、開業者が「素直」でないばかりに経営ノウハウが身につかない場合です。

 

フランチャイズに加盟したら一点の曇り無く、素直な気持ちで学ぶ必要があります。「素直」になれない理由はいくつかケースがあるため、これから学習塾開業をお考えの方はぜひ一度次の項目をご確認ください。

 

(1)過去の成功事例、経験値が邪魔をして素直になれない
(2)担当者の対応に不審な点があって、素直になれなくなった
(3)そもそも他人の知識・経験を鵜呑みにできない性格

 


(1)過去の成功事例、経験値が邪魔をして素直になれない


 コップに水が一杯になっていた時、水を注いでもこぼれてしまいます。そんな時は、まずコップを空にする必要があります。この当たり前の事が、研修になるとできなくなるのです。

 

つまり、研修生の立場にあるのなら、己我を残らず振り捨てて本部が示す経営ノウハウの一言一句を余さず洩らさず受け入れる態度が肝要ということです。


研修中に「素直」とは何であるか、正面から向き合って指導してくれる本部が理想的です。そのためにも資料請求後、担当営業マンには必ず
「本部の研修姿勢」を尋ねるようにしてください。

 

「厳しいですよ」と言ってくれる本部は信用できます。逆に「誰でも楽に合格できます」くらいの返答なら、加盟金儲け主義と疑った方がよいかもしれません。教育する上で「素直」の重要性を熟知している本部ほど、「厳しい」という言葉を使うものです。

 


(2)担当者の対応に不審な点があって、素直になれなくなった


 「木を見て森を見ず」という言葉をご存知かと思います。視線が一本の木や周りの木だけにとどまって森全体を見ていないことを言っている「ことわざ」です。

 

ここで言う「一本の木」は担当営業マン、「森全体」はフランチャイズ本部と考えてみてください。よく俯瞰で物を見ることが大事だと言われますが、自分の立っている所から見るだけでなく、視線を上から見るように変えることで全体を見渡してみることです。


学習塾経営は生徒・保護者・塾長など、それぞれ異なる視点に立ってサービスを考え、改善を繰り返す行為です。たとえ担当者の対応に不審があったとしても、自身の「素直さ」を曇らさず、常に俯瞰で「森全体」を見ながら最大限のメリットを本部から引き出す「手腕」が研修では問われているのです。

 


(3)そもそも他人の知識・経験を鵜呑みにできない性格


 人間という生き物は動物の中で唯一、思考することが出来る生き物です。だからこそ、過去の書物を通じて自分が経験しなくても疑似体験ができ、知識として引き継ぐことができます。ここまでは素晴らしい能力なのですが、一方で「思考」が問題になることがあります。


思考すること自体は悪いことではないのですが、リスクを考え過ぎるばかりに情報が変に歪められて「学習塾では効果が見込めない知識」として定着してしまうことがあるのです。

 

リスク管理能力が高過ぎるあまり、「素直」ではないように見えてしまうケースです。リスク思想は性格によるところが大きいのですが、予め自己認識できれば問題を軽減できるかもしれません。


特に高学歴の塾開業者に見られる傾向ですので、一度自分自身の性格と向き合ってみましょう。リスクを取るからこそ、手に入る「未来」があるのです。時に考えず、勢いで学ぶことも大切です。

 


◆「素直」が源泉


 塾経営者・塾長が「素直」であるからこそ、子ども達は心を開いて「素直」に接してきます。素直な心になれば、すべての事に「学ぶ心」が現れてきます。「何事も経験であり、勉強である」このような心構えを持って人生を過ごして行くならば、月日とともに知識が蓄積され、やがて行動・結果につながります。

 

学習塾経営の成功も、学力の向上も「素直」が源泉です。自分は素直であろうかと、深く自分自身に向き合う時間は決して無駄になりません。