自衛隊経験者が学習塾を開業して成功するポイント

自衛隊経験者が学習塾を開業して成功できるポイントは、自衛隊で培った「精神力」と「体力」にあります。例えば、学習塾の生徒募集の一つに「チラシのポスティング」があります。持ち前のフットワークの軽さを活かし毎日チラシを配布し続けられれば、それはとても強い武器になります。

 

 

「チラシの配布は新聞折込やフリーペーパーを活用すればいい」という考え方があります。しかし、学習塾はローカルビジネスです。実際に汗をかきながらポスティングを行って、肌感覚で地域のことがわかることに価値があります。

 

例えば、利点を挙げるとすれば、生の地域情報が手に入るため、保護者との会話ネタに困ることがありません。次に、何よりも大きな価値は地域の方々に「顔」を売ることができる点です。インターネット時代とは真逆ですが、アナログあってのデジタルです。活動記録をブログに書けば、まさに鬼に金棒。アナログで人脈を広げつつ、デジタル(インターネット)上では広報活動として、情報を拡散できるのです。

 

 

「体力に自信あり=営業職に適性あり」という考え方があります。学習塾の場合は、先ほど挙げた広報活動としての「体力」のほか、対生徒にあたっては、特に運動部に所属している生徒へ対応で経験が活きてきます。自衛隊時代、辛い環境で何度もチャレンジしてきた経験は、部活動を頑張る生徒たちの心へダイレクトにつながることでしょう。また、辛い環境に打ち勝つことの素晴らしさを、熱い気持ちをもって、そのまま勉強面で伝えることもできるはずです。自衛隊での濃縮された経験値は、学習塾の指導面でも大いに価値があるのです。

 


また、自衛隊での集団生活の経験も学習塾では有利にはたらきます。学習塾はある意味、「頭脳版トレーニングジム」です。週に2,3回の通塾でも、皆で学力を高めようとする「集団生活」と捉えることができます。「一人で勉強ができないから学習塾に通う」生徒の境遇を考えると、「集団活動」の利点を学習塾運営にうまくデザインできれば、地域に根ざした「強い学習塾」が完成します。

 

 

例えば、火器の取扱や災害救助訓練、空挺部隊ならパラシュートなど、非日常な体験をお持ちではないでしょうか。そんな貴重な経験を生徒や保護者に話せるならば、それはとてもインパクトがあって、驚きや笑いともに自塾を印象づける強い武器になります。ぜひ、自衛隊での特別な経験を、学習塾業界に活かしてもらえたらと思います。

 

なお、今の時代、学習塾では勉強を直接教える能力はそれほど問われません。生徒が自ら学ぶことができる「デジタル教材」を活用すれば良いのです。教えることよりも、コーチのように子どもたちを精神的に支えられる先生が求められています。

独立開業をお考えなら、フランチャイズWEBリポート(資料請求無料) がお薦めです。

金融業界経験者が学習塾業界で成功するポイント

金融規制緩和、マイナス金利政策、商品差別化の難しさと競争の激化、FinTech(フィンテック)の普及やコンプライアンス意識の高まりなど、金融業界を取り巻く環境はめまぐるしく変化しています。加えて、営業活動の効率化、提案型ビジネスによる手数料収入の強化など、顧客満足度の向上が求められています。そんな激しい業界に身を置いてきた金融業界経験者は、学習塾業界で成功できるポイントをたくさん有していると言えます。

 

 

まず第一に、「正確さ」が挙げられます。金融業界はお客様のお金を扱うため、つのミスも許されない環境であり、常に緊張感に満ちた戦場だったのでないでしょうか。学習塾業界は「信頼」ビジネスであり、金融業界で培ってきたその「正確さ」は、お子様を預けるに足る「誠実さ」となって保護者へ伝わること間違いありません。

 

 

次に挙げられることは、「調整能力」です。金融業界では、お客様とのコミュニケーションを密に取る必要があり、必然と人と話すことが得意になった方も多いことでしょう。学習塾業界では、特に母親とのコミュニケーションが重要になります。お子様の変化・成長を察知したら、すぐに保護者へ伝えます。家庭との密な連携によって、効率的に教育を推進させることができるのです。そして、家庭との連携が塾の信用増大につながります。

 

 

第三に挙げられることは、「勤勉な点」です。金融業界では業務柄、法律や行政による規制が厳しいため、必然的に勉学を積み上げてきたのではないでしょうか。その経験は、学習塾で子どもたちが学んでいる姿と重なるものであり、勉強の辛さを共感できるはずです。そして、勉強の価値を子どもたちに語れる強みを持っています。

 

金融業界で窓口業務を経験されてきた人は、老若男女問わず、色んな話をしながら対応してきたことでしょう。常に幅広い「話題」に対応してきた経験は、学習塾でも有用です。子どもたちの間で話題になっているドラマ・マンガ、ファッションなど、幅の広い情報が強い武器になるからです。子どもたちの心をつかむ上で、情報収集力はとても役に立ちます。

 

最後に挙げたいのが、金融業界で培った「図太さ」です。金融商品が値下がりしたりしても、申し訳ないと思うことなく、別の商品で取り返しましょうと言って薦めてきた図太さです。たとえ、生徒の成績が一時的に下がったとしても、保護者面談では「通塾回数増」「単価アップ」を提案できる図太さ。必ず結果を出す「自信」があるからこそ、その図太さは生まれるもの。学習塾運営でも、その「自信」と「図太さ」が大切です。

 

 

金融業界には、人当たりの良さで営業成績を上げる「人間的信頼関係力」が強みのタイプと、コンサルティング力で営業成績を上げる「ビジネス的信頼関係力」が強みのタイプの2種類が存在しなかったでしょうか。両方を高いレベルで兼ね備えている人もいたことでしょう。学習塾でも、同様の力が求められます。すなわち、「生徒・保護者との人間的信頼関係力」と「成績向上・実績型の信頼関係力」です。経験豊富な金融業界経験者が学習塾業界を発展させ、日本教育の未来を担うことを心より願っています。

独立開業をお考えなら、フランチャイズWEBリポート(資料請求無料) がお薦めです。

学習塾フランチャイズへ資料請求する前にすべきこと

学習塾で独立開業をお考えなら、気になるブランド(企業)へ資料請求することをお勧めします。資料請求すると、各企業の担当営業マンから電話なり、メールが届きます。各企業の独立開業パッケージについて、強み・特長を教えてもらえるでしょう。

 

ただ、どの企業も自社の良いところばかりを強調されるはずです。営業だから当たり前ではありますが、表面的な情報だけでは加盟ブランドを決めるのは難しいでしょう。そこで次にお勧めすることは、資料請求前に自分が開業する学習塾について、「理想像を描く」ことです。ポイントは下記のとおりです。一度は考えてみてください。

 

[ 8大項目を深堀りして、開業イメージを描く ]

  •  商 品
  •  地 域
  •  客 層
  •  営 業
  •  顧 客
  •  時 間
  •  財 務
  •  組 織

 

[ 商 品 ]

近隣他塾との差別化に成功したサービス。紙教材よりも、デジタル教材・学習システムの方がインパクトが大きい。英検数検漢検漢熟検などの対策授業はどうか。授業以外のイベント(合宿やキャンプ、クリスマス会など)は行われるのか。開業者の経歴や性格なども「商品」に直結するので、自分の棚卸しも大切。

 

[ 地 域 ]

どの地域で開業したいのか。市場調査を行って、可能性を詰める。子どもの数、世帯収入や教育熱などが重要な調査ポイント。資料請求先の営業担当者が手伝ってくれる場合がある。

 

[ 客 層 ]

幼児・小学生・中学生・高校生などの区分から考える。初めから対象学年が広すぎると、対応ができないか、指導サービスが薄くなる可能性があるので注意が必要。

 

[ 営 業 ]

どのようにして生徒を集めるのか。ポスティング、新聞折込、校門前配布、ホームページ、ブログ、SNS、生徒募集代理サイト登録など。フランチャイズに加盟すると、体験授業時のクロージングスキルを含め、各項目の細かなノウハウを教えてもらえる。

 

[ 顧 客 ]

例えば、「客層」を「小学生・中学生」に設定している場合、「幼児」は見込み客(顧客)になる。資料請求が入って、最終的に他塾に取られた場合にも「顧客」リストに加える。塾を転々と替える、「転塾組」の可能性あり。顧客リストがあれば、定期的にダイレクトメール(DM)がうてる。

 

[ 時 間 ]

いつまでに学習塾を開業するのか。開業日までの時間を逆算し、フランチャイズのパッケージを通して学習塾経営に必要な研修を受ける。

 

[ 財 務 ]

開業資金の準備、借り入れ、返済計画、採算分岐点までに要する経費、投資額(広告費含む)の回収、月々の経費など。フランチャイズに加盟すると、「経営計画書」の作成を手伝ってもらえる場合あり。

 

[ 組 織 ]

従業員の計画。アルバイトの人数、求めるスキル、学歴など。自分に不足する人材を入れることで、塾経営はより安定する。

 

独立開業をお考えなら、フランチャイズWEBリポート(資料請求無料) がお薦めです。

学習塾講師経験者が塾開業・経営で成功するためには

学習塾講師の経験者(3年以上)が塾を開業する場合、子どもへの接し方、保護者応対などは多くの場合、心配する必要がないでしょう。しかし、いくつか注意しておくべきポイントがあります。

 

 

一つは教務力に対する過信です。どんなに素晴らしい授業を行っても、子どもたちに汗をかかせなければ成績が上がらない。このことを心の奥底から熟知している段階と、そうでない段階があります。

 

後者の場合、自分の授業に酔い過ぎるあまり、塾経営を客観視できないことが問題になってきます。一生懸命に教えているのに、成績が上がらない。退塾が出る、中学3年生の対応に追われる、、、いつも授業の準備で忙しい・・・という風に、肝心の生徒募集に費やすエネルギーと余裕が枯渇してしまうパターンです。

 

学習塾経営は、「生徒募集」「教育管理」の両輪がバランスを保つことで成長していきます。学習塾講師時代に授業面に特化して技能を伸ばしてきた方は、学習塾の開業前に「生徒募集戦略」について、充分に研究されることをお奨めします(例えば、フランチャイズ比較サイトで資料を請求して、担当営業マンの話を聞いてみるなど)。

 

 

逆に「子どもたちに汗をかかせなければ成績は向上しない」ことを熟知している場合を考えてみましょう。現代はどんな時代でしょうか。誰もがスマートフォンやパソコンなど、コンピュータを活用する時代です。インターネットで大概なことは調べることができます。つまり、世の中の流れとして、学習スタイルは「知識や情報を教える時代」から「自ら学ぶ時代」へ変わりつつあるということです。

 

 

この流れに乗じて、「子どもたちに汗をかかせる」学習システムを授業に取り込めば、まさに鬼に金棒。学習塾講師経験が「自立学習できるシステム」に昇華され、経営で重要な位置を占める「生徒募集」に注力することができます。まさに一石二鳥。「学習塾開業〜成功の道〜」がイメージできたのであれば、あとは行動するのみです。「人生に無駄なし」です。必ずこれまでの経験は活きてきます。

独立開業をお考えなら、フランチャイズWEBリポート(資料請求無料) がお薦めです。

飲食サービス業界経験者の学習塾開業・成功ポイント

飲食サービス業界で培った技能を活かせば、学習塾を開業して成功につなげることができます。例えば、飲食サービス業界では、お客様のリアクションを通して、サービスの向上や提供する商品の良し悪しなどを直接肌で感じ取ったのではないでしょうか。

 

学習塾業界では、毎日コンディション、やる気が異なる子どもたちを相手にします。その日の子どもたちの状況に合わせて、勉強に意識が向くように指導を行います。相手の動きに対応する、マンネリになりにくい仕事という点で、学習塾業界は飲食サービス業界と共通している部分があるのです。

 

 

飲食店は人が食事をする場所です。ただ単に食事をとるだけの人々もいれば、基本的にお祝いや人が楽しむ人も多いかと思います。飲食サービスを経験されてきた方は、「お客様を喜ばせるため」という意識を持って働いていたのではないでしょうか。

 

実は、学習塾でも「喜ばせる」という点は共通しています。毎回生徒に「新しい何かを学ばせること」「成長を実感させること」は当然ですが、生徒が通塾が楽しみなるように、「学校であったこと」「今流行っていること」「人気のマンガ・ドラマ」「ファッション」など、勉強以外の話題にもちゃんと向き合って、「相手を喜ばせる」サービスを行うことが重要なのです。

 

 

飲食サービス業界では、接客等を通じてたくさんの人と出会う機会に恵まれたことでしょう。飲食サービスで磨きあげた「気配り心配り」の技能は、学習塾運営で必ず活きてきます。ただし、子どもに同調しすぎるあまり、甘やかしにならないように注意が必要です。学習塾は教育サービスを提供する場なので、「厳しさ」を子どもたちに伝えなければなりません。特に、目標を達成すること、努力し続けることを伝えるとき、「厳しさ」が必要になります。

 

学習塾業界もサービス業です。飲食サービス業界で培ってきた技能をすぐに学習塾で活かせるように、下記のとおりポイントをまとめておきます。

 

                                                       

[ 5つのポイント ]

  • 親切/生徒と保護者、異なる2つの立場へ配慮したサービスを
  • 安心/保護者が安心して任せられる「信頼」づくり
  • 公平/どの生徒にも声をかける、公平に対応する
  • 迅速/生徒や保護者の動向に注意し、迅速に対策を打つ
  • 清潔/心地よく勉強できる空間を提供する、トイレ掃除の徹底

 

今の時代、教える部分は学習システムで代用が可能です。開業にあたり、教育経験は不問です。それよりも、人と人との関係構築力が重要です。飲食サービス業界で培った「気配り心配り」の技能が学習塾で活かされ、日本の教育・未来を支える力となることを心より願います。

独立開業をお考えなら、フランチャイズWEBリポート(資料請求無料) がお薦めです。

プロフィール
◆学習塾で独立開業をお考えの方へ
学習塾で独立開業をお考えなら、資料請求から始めることをお勧めします。しかし、やみ雲に資料を請求しても情報の選別が難しくなります。当サイトでは、比較的良質なブランドが掲載されている、フランチャイズWEBリポート(資料請求無料) をお薦めします。

サイト内検索

エントリー

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

スマホ用QRコード

qrcode

更新チェック

学習塾で開業をお考えの方へ

学習塾で独立開業をお考えなら、資料請求から始めることをお勧めします。しかし、やみ雲に資料を請求しても情報の選別が難しくなります。当サイトでは、比較的良質なブランドが掲載されている、フランチャイズWEBリポート(資料請求無料) をお薦めします。