リサーチが得意な人は、学習塾で有利に戦える

リサーチが得意な人は、学習塾で成功するのに有利な能力を持っていると言えます。実は学習塾の運営にあたっては、開業前にリサーチして如何に戦うかを決める必要があるからです(市場調査)。孫子の兵法で有名な言葉がありますが、ご存知でしょうか。

 

「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」
( かれをしりおのれをしればひゃくせんあやうからず )

 

その意味は、「敵についても味方についても情勢をしっかり把握していれば、幾度戦っても敗れることはない」というものです。学習塾運営での「敵」とは何を指すのでしょうか。まず第一に挙げられることは、「競合他塾」でしょう。もし、個別指導塾で開業を検討しているのなら、開業予定地の競合他塾のうち個別指導塾に焦点を絞ってリサーチする必要があります。さらに、個別指導塾にも「1対2 or 1対3形式のもの」「コンピュータを活用するもの」「自立学習をコンセプトとするもの」といった具合に、各塾の特徴をリサーチする必要があります。どんなコースがあり、月謝はいくらなのか。通塾回数のほか、ターゲット層(生徒学力)などについても調査しておきたいところです。

 

 

他にも「敵」として挙げられるものがあります。それは「学校」です。何も敵対視して学校と競うわけではないのですが、学習塾の運営にあたっては、学校の予定で影響する範囲が大きいのです。「学年ごと、曜日ごとに異なる学校の終了時間」「各学年の定期テストの時期」「運動会」など、予めスケジュールを知っているのと知っていないのとでは、準備に雲泥の差が出るというものです。

 

では、「己(おのれ)」についてはどうでしょうか。学習塾運営にあたり、「己を知る」とはどういうことを指すのでしょうか。敵を知ったうえで、「自塾で特徴付けて提供できるもの」を徹底的に考える必要があるでしょう。開業を検討しているあなた自身の性格や個性、得意分野のほか、経歴・社会経験も挙げられます。さらにフランチャイズ比較サイト でブランドを選定し、フランチャイズに加盟していれば、強力な「武器」が手に入っているはずです。

 

 

リサーチが得意な人は、「英検」一つを考えるだけでもチャンスをつかめる可能性があります。例えば、英検対策(二次試験の面接まで対応)で他塾との差別化をはかれると判断できたなら、高品質の英検対策教材を仕入れて「武器」にできます。オーナー自身が英語が苦手な場合は、ピンポイントで英検の二次試験まで対応できる人を雇って、指導面ばかりでなく自塾の広報として活躍してもらう方法だって考えられます。

独立開業をお考えなら、フランチャイズWEBリポート(資料請求無料) がお薦めです。

コメントを書く








   
プロフィール
◆学習塾で独立開業をお考えの方へ
学習塾で独立開業をお考えなら、資料請求から始めることをお勧めします。しかし、やみ雲に資料を請求しても情報の選別が難しくなります。当サイトでは、比較的良質なブランドが掲載されている、フランチャイズWEBリポート(資料請求無料) をお薦めします。

サイト内検索

エントリー

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

スマホ用QRコード

qrcode

更新チェック

学習塾で開業をお考えの方へ

学習塾で独立開業をお考えなら、資料請求から始めることをお勧めします。しかし、やみ雲に資料を請求しても情報の選別が難しくなります。当サイトでは、比較的良質なブランドが掲載されている、フランチャイズWEBリポート(資料請求無料) をお薦めします。