「なぜ学習塾で開業しようと思ったのですか?」で見えること

「なぜ学習塾で開業しようと思ったのですか?」の質問

 

年間60名以上の学習塾の開業支援をさせていただくのですが、必ず「なぜ学習塾で開業しようと思ったのですか?」と質問するようにしています。

 

理由は、「開業に対する覚悟の度合い」「教育に対する志の有無」を確認できるからです。

 

お聞きすると、開業理由は実に様々ですが、根本の心理を探ると”ある共通点”が見えてきます。

 

それは、学習塾業界を選択された方は、働くことに対して「生き甲斐、やり甲斐を感じる仕事をしたい!」という価値観を大切にされていることです。

 

業種を選ぶ段階では、学習塾業界は頭になかった方も多いです。「教育系の資格を持たない」「塾講師のアルバイト経験すらない」「自分は勉強が苦手だった」「自分にはできそうにない」といった理由が多いです。

 

「自分にはできそうにない」と思っていた方も、情報収集を進めていくと、「個別指導塾の大半が異業種からの参入であり、学習塾は人から人へのサービスだから経験や実績よりも教育に対する情熱こそが大切である」ということに気付き始めます。

 

やはり、どんな事をやるにも、「情報を得て、イメージして、実行すること」が大切です。

 


学習塾フランチャイズ


学習塾開業者のうち、フランチャイズを選択された方のご意見として多いのが「リスク管理」です。

 

統計上、新しく創設された会社の90%が10年後には消滅していると言われています。開業リスクを軽減するために、フランチャイズでの起業を選択するというものです。

 

フランチャイザー(FC本部)は慎重に選ぶ必要がありますが、独学でノウハウを蓄積するよりも「組織力による利点」は大きいと言えます。

 

フランチャイズに加盟する場合の利点としては、大きく次の4点を押させておくと良いです。

 

(1)成功事例のあるビジネスモデルでスタートできる

 

(2)最新の成功事例・失敗事例が手に入る(情報共有)

 

(3)研修やシステムにより、ビジネススキルが効率的に習得できる

 

(4)常に相談相手がいる状態でビジネスが展開できる

 

 


まとめ


「なぜ学習塾で開業しようと思ったのですか?」という質問を通して、「開業に対する覚悟の度合い」「教育に対する志の有無」を確認する、と偉そうに書きましたが、多くの場合、開業者の方々は「不安で不安で仕方がない」というのが現状です。

 

だからこそ、情報を集めて、イメージして、勉強して、支援を受けて、スキルを身につける必要があります。「開業に対する覚悟」や「教育に対する志」は、独立開業の準備(研修)を進めながら育むものです。

 

学習塾では、多くの生徒たちに夢・目標・覚悟をもって勉強してもらいたいではないですか。そのためにも、まずは生徒たちのリーダーである開業者(経営者)が、「夢・目標・覚悟」を心の中に築く必要があります。

 

志高く!


コメントを書く