学習塾フランチャイズのメリット・デメリット

学習塾フランチャイズをいかに検討するか

 

学習塾の開業を検討されている方は、ぜひ一度は学習塾フランチャイズのメリット・デメリットを整理しておきましょう。

 


◆そもそもフランチャイズとは?


フランチャイズに加盟すると、フランチャイズ本部から「看板」「実績のあるサービスや商品を使う権利」が与えられます。


その対価として、「ロイヤリティ(お金)」をフランチャイズ本部に支払います。

 

多くのフランチャイズでは、「売上に対して何%」という形式でロイヤリティを設定していますが、「月額固定」「ロイヤリティ不要(0円)」など、さまざまなロイヤリティ形態があります。
(※資料をたくさん集めて情報を収集する必要があります!)

 


◆学習塾フランチャイズのメリット


(1)ブランド力を活用できる
(2)生徒募集の支援が受けられる
(3)学習指導のノウハウが学べる
(4)月謝単価を上げる方法を学べる
(5)教育業界未経験でも参入できる
(6)開業準備が万全 (物件から教材まですべてパッケージ化)
(7)金融機関から融資を受けられやすい
(8)同じブランドで戦う同志に出会える

 


◆学習塾フランチャイズのデメリット


(1)本部にロイヤリティを支払う必要がある (※各社異なるので調査必要)
(2)マニュアル通りに塾を運営しなくてはならない(教材など)
(3)広告宣伝が定期的に義務化されている場合がある
(4)契約終了後も、同業種での出店が禁止されている場合がある
(5)別店舗でブランド損失の事象が生じた場合の関連リスク

 


◆事業継続率なら、学習塾フランチャイズが圧倒的に有利!


フランチャイズの場合、成功事例に裏付けされたビジネスを行えるため、加盟者の成功確率は格段に高くなります。


開業後5年経過時の存続率は、通常の独立では約25%に対し、フランチャイズの場合は約70%。データ上の話ですが、フランチャイズに加盟すると、およそ3倍の成功確率を見込めると考えることもできます。※出展:『それでもフランチャイズを選びなさい』(丸山 忠 著)

 


◆フランチャイズ本部が考えている事


フランチャイズ本部は、新しいオーナーを随時迎え入れて多額の加盟金を得ています。


そのお金は「仕入れ」「販売」「生徒募集」「商品開発」「ブランド宣伝」など、加盟店が安定したビジネスを行えるように投資されます。

 

「未経験からでもしっかりとビジネスを行える仕組みづくり」がフランチャイズ本部の存在価値です。短期間で売り上げる教室をつくるため、フランチャイズ本部は日々努力・工夫を積み重ねています。

 


◆フランチャイズ加盟は検討する価値あり


塾経営で成功するためには、”地域一番”となる経営資源が必要です。しかし、ノウハウを構築するためには専門的な知識と経験が必要で、個人が構築できる情報量はたかが知れています。


フランチャイズ加盟店は「商品」「地域」「客層」「営業」「顧客」「財務」「時間」「人事」など、多くのノウハウを一度に手に入れることができます。フランチャイズ加盟店は多数の成功事例のもとにビジネスを行えるため、通常の新規事業に比べて収益予測が立てやすいと言えます。


銀行などの金融機関からの融資が格段に受けやすくなりますから、学習塾の開業にあたっては、ぜひ一度フランチャイズ加盟を検討されてはいかがでしょうか。

 

フランチャイズは、本部に「ロイヤリティ」を支払う以上の価値があります。また、価値が出るように本部や同ブランドの同志とうまく付き合うことが、「塾経営成功のヒント」であることは言うまでもありません。


コメントを書く