「どうせ自分なんて」と思いがちな人は塾経営で失敗する

ネガティブ思考

 

性格上、「どうせ自分なんて」と思いがちな人には、学習塾の開業をオススメしません。塾長オーナーが自分自身を信じず、自信を持てない状況では、保護者や生徒に対して「リーダーシップ」を発揮できるわけがないからです。

 

保護者は塾長オーナーを信じて大切な我が子を預けるのです。「どうせ自分なんて」といったネガティブ思考での塾経営では保護者・生徒に失礼です。


そもそも「どうせ自分なんて」という状況は、相手の注意を惹きつけようとする心理(一種の甘え)が働いており、サービスを提供するどころから、逆にサービスを受ける側になっているのです。

 

学習塾はサービス業です。ネガティブ思考にならず、プロ意識を持って常に「ポジティブ思考」で良質なサービスを提供しようとする努力が求められます。その「努力」はやがて、地域にとって大きな信頼となり、「ブランド」にまで成長していきます。学習塾の生徒募集の理想は「口コミ」と言われるのは、作り上げた「ブランド」が地域に認められた結果を示しているのです。

 

「どうせ自分なんて」といったネガティブ思考は塾経営に向かないと言ってきましたが、実はリスク管理という側面では優れた能力を発揮します。

 

マイナス要素に気づけるということは、危険を察知することが得意だということです。だから、最悪を想定しつつも、それはそれで割り切ってポジティブ思考に切り替えることができれば、陰陽合わせ持った「鬼に金棒」経営に変わるのです。

 

「どうせ自分なんて」と思いがちな人によく見られる、どんどん悪い方へと思考が進んでしまう負のスパイラル。学習塾を経営したい思いが強いのなら、開業前に今から挙げることに気をつけて、少しずつ意識的に自分の心をコントロールする術を学んでください。

 

まず、「どうせ自分なんて」と思い始めたら、頭の中に浮かんできたことを考えないこと、追いかけないこと。これが大切です。しかし、人は常に何かを頭の中で考える生き物です。内面で考えることが得意なあなたですから、一人でいる時も頭の中ではいろんな思考が巡っていることでしょう。

 

では、どうしたらいいのか・・・。

 

ずばり!「得意な事」を考えるようにしてください。「自分が得意な事」「自塾が得意とする事」「他者が”いいね!”と言ってくれた事」を思うようにしてください。

 

ネガティブなことで頭がいっぱいになる前に、考えるのをやめ、追いかけることもやめる。「得意な事」「自塾の強み」を考える習慣を持つことで、徐々に「自信」を積み上がっていき、サービスを提供できる側に切り替わってきます。

 

余裕が出てくれば、自然と「笑顔」がつくれるようになってきます。保護者も生徒も、人間なら誰でも塾長オーナーの笑顔に「親身なサービス」を感じるものです。「どうせ自分なんて」経営からの脱却。経営を成功させるため、塾開業前に充分に意識改革を実施してください。


コメントを書く