経営者が学習塾FCを選択する理由

経営者が学習塾FCを選択する理由

 

脱サラなど、個人が学習塾フランチャイズを選択するケースは多いですが、自宅開業などで見られるように、フランチャイズに加盟せずに学習塾を開業される方もいらっしゃいます。

 

その一方で、多角経営などをお考えの経営者・経営幹部などの法人に目を向けると、圧倒的にフランチャイズ加盟を検討される方が多いのです。それは、なぜでしょうか?

 

フランチャイズに加盟した経営者・経営幹部に経緯をたずねてみると、概ね以下の理由に集約されます。

 

(1)フランチャイザー(本部)のブランドの活用 ※開業時から信用が手に入る
(2)事業開発のための投資を軽減できる ※効率化
(3)事業失敗のリスクを軽減できる ※担当者としての個人実績・リスクも考慮
(4)フランチャイズビジネスに学ぶ

 

特に経営者に見られる傾向は、「失敗のリスクを最小限に抑えて儲ける」という現実的な視点と、「フランチャイズのノウハウを今後に活かす」という戦略的視点です。

 

フランチャイズの経営システムに学び、本業ブランドのフランチャイズ展開まで視野に入れるのです。単に学習塾フランチャイズに加盟するのではなく、5年、10年先の本業との相乗効果を見込む戦略的思考を聞くと、「さすが経営者!」と思わずうなずいてしまいます。

 

個人、法人問わず、学習塾フランチャイズを検討されるのなら、次の展開を見据えてフランチャイズを選択する方が、目標やビジョンが描けて経営にはプラスに働きます。戦略的に、ビジネス視点を持ってフランチャイズを活用してください。

 


コメントを書く