「相手の目を見て話せる人」が塾経営に欠かせない

「相手の目を見て話せる人」が塾経営に欠かせない

 

「相手の目を話せる人」が塾経営に欠かせません。「目を見て話す」ことは、生徒・保護者とのコミュニケーションにおいて、重要な役割を果たすからです。

 

まず、目を見て話すことができなければ、言葉や気持ちが生徒や保護者に正しく伝わりません。そして、生徒・保護者に「自信のない印象」を与えてしまうのです。これは、学習塾サービスでは「損失」を意味します。学習塾では、リーダーシップを期待されているからです。「自信」が生徒・保護者に伝わらないということは、リーダーシップを伝えられないということです。学習塾経営の求心力は大きく失墜します。

 

また、目を見て話すことができなければ、話を聞いていないと思われてしまいます。マイナスの心理を生徒・保護者に与えてしまうことは、生徒減につながり、売上ダウン=経営難となります。

 

「目を見て話す」という当たり前の印象形成を、当たり前にできること。こんなシンプルなことですが、塾経営の成功には欠かせないのです。

 

さらにその先があります。生徒・保護者の目を見て話すとき、信頼関係がどういう状況にあるのか「察知する能力」も欠かせません。

 

人間を機械と考えてみてください。目は「視覚センサー」で、脳に対する入力装置です。目を通して外界から光を取り入れ、情報処理は脳が行います。

 

「まぶたを閉じる」「視線を動かす」という筋肉運動によって、脳の指令を「外部」から知ることができるのは当たり前のことです。人間の目は、「振り向く」「うつむく」など身体運動まで伴うので、単なる入力装置ではありません。出力装置を兼ねた「器官」ということになります。
 
目は心の鏡

 

目はその人の心を映し出す鏡のようなものです。目を見ればその人の心のほどもよく分かるというものです。

 

英語では、「The eyes are the windows of the soul.」(目は心の窓)とも言われ、「目は口ほどに物を言う」という言葉もあります。

 

学習塾はサービス業です。だからこそ、「目を見て話す」という基礎基本のコミュニケーションを軽視できないのです。もし、これから学習塾での独立開業をお考えで、相手の目を見て話せない人は、目を見て話せる人を雇ってください。塾経営の成功のため、「目を見て話す」能力は欠かせません。

 


コメントを書く