学習塾フランチャイズか否かに関係なく、独立開校に必須の覚悟

学習塾フランチャイズか否かに関係なく、独立開校に必須の覚悟

 

満員電車に揺られ、家と会社を往復する日々。上司や得意先から怒られ続け、日々ストレスを感じ、たった一度の人生に悔いを残さないため、独立開業・開校を選択するサラリーマン。

 

学習塾の開業を選択される方々は、お金儲けというよりも、子どもたちの教育に関わる社会貢献性に魅力を感じる方も少なくありません。厳しい社会を息抜き、教育に次の人生を見出そうとしている方々に失敗してもらいたくないので、ここではあえて、辛口のメッセージを送らせていただきます。

 

私は学習塾本部で働いていますが、学習塾ビジネスは決して簡単な仕事ではありません。確かにオーナー塾長1人で生徒100名以上を指導し、2,000万円以上の収入を実現している知人は何人もいます。

 

だからと言って、軽々しく「学習塾の開業・開校」をお薦めするわけにはいきません。彼らが現在の地位を確立するまでの3〜5年の試行錯誤と努力を知っているからです。

 

また、「子ども好きではない人」「日本の未来を真剣に考えない人」には、「普通のサラリーマンとして頑張れ」とアドバイスをするようにしています。

 

まず、学習塾は単なる「金稼ぎ」ではないことを初めに認識してください。「会社を辞めて学習塾を開業したが、失敗して借金だけが残った」では、笑いものになるだけです。

 

独立開業とは、自分の力だけで食べていける実力を身につけ、「すべての責任を自分で負うようになること」だと理解してください。「自由には責任が伴う」ことを自覚してください。

 

そういう意味では、サラリーマンはかなり恵まれています。ちょっとしたミスで100万円の損失が出ても、あなたに借金が発生するわけではありません。重大なミスをしたら、上司から怒られることは確実です。しかし、あなたの給料から100万円を引かれることはありません。「会社のお金を使いながら失敗できる」好条件な待遇を有するのがサラリーマンです。

 

一方、起業すると100万円の損失を出せば、そのままあなたの生活に影響します。また、本当に生徒が集まるかどうかも分かりません(保証なし)。名刺に書かれていた「社名(ブランド)」によって周囲が信用して関わってくれていたことを知り、ショックを受ける人が多いです。会社の看板や商品、信頼など、すべてがゼロの状態から始めなければいけません。(ゼロから始めたくないのなら、フランチャイズに加盟しなくてはならない)

 

少なくとも、最初の半年は何も考えずに学習塾経営だけを行い、生徒募集に80%、管理に20%のリソース配分で努力をしなければいけません。このような現実が学習塾での独立開業です。

 

会社に行けば仕事が用意されていて、無難にこなせば必ず毎月給料が支払われる・・・。それなのに、将来に不満をもち「自由に仕事をしたい」と思う人は多いです。

 

独立開業に向けて情報収集を徹底し、半年〜1年スパンで計画して圧倒的な努力を行い、成功だけを信じて行動できる人であれば、起業に向いています。学習塾に限らず、成功者に共通して見られる「雰囲気(オーラ)」と言えます。あなたは、「成功者のオーラ」をお持ちでしょうか?

 

これらの事実を認識して、ビジネス感覚と同時に「子どもたち」「日本の未来」を考え、実際に行動できる人なら、ぜひ学習塾業界へ来ていただきたい。「AI時代の教育」「世界で活躍できる人材育成」など、有志の方々の力が必要とされています。


関連する記事
コメントを書く