これでシステムエンジニア(SE)は学習塾開業で成功できる

システムエンジニア(SE)経験者が学習塾を開業する場合、コンピュータに強い長所を活かすことで、塾経営が成功しやすくなります。実は学習塾業界は、業態変革期に入っています。黒板やホワイトボードで教え込む旧来の授業方法は、経営効率の観点からすると時代に合っていません。

 

パソコンやタブレットPCなどをうまく活用して、極端な話、1人で50名以上の生徒に対応できる経営スタイルが求められています。生徒数に比例して講師を雇わずに済むため、損益分岐点が低く抑えられ、利益率の高い経営が実現するのです。

 

 

コンピュータの活用は、経営的側面ばかりではありません。生徒の学習スタイルとしても時代にマッチしています。生徒の意欲次第で、インターネットを活用すればいくらでも情報を得ることができる時代です。つまり、以前に増して生徒の「自立学習」の姿勢を育み、「発想力」を伸ばすことが重要視されているのです。文科省が提唱してきた「アクティブ・ラーニング(能動学習)」や推奨している「プログラミング教育」などは、まさにこれからの教育で求められる方向性です。

 

では、具体的にどのようにコンピュータを活用するのか?

まずは教材のシステム化が挙げられます。生徒がパソコンやタブレットPCに向かって、繰り返し問題を解くイメージです。自動採点になっているので、講師が丸付けをする必要がなく、生徒の精神的フォローに徹することができます。弱点箇所はクラウド上に保存され続け、弱点箇所の演習で効率的に学力を高めることができます。そのほか、コンピュータ上では映像資料が確認できるので、大きく理解を助けることになります。

 

 

教材以外には、生徒の入退室を知らせるメールシステムが挙げられます。保護者の立場で考えるとわかりますが、夜間に通塾する我が子を思えば、無事に塾に着いたのかどうか、安心材料として毎回知らせてもらいたいものです。学習塾が「安全性」ビジネスとも言われる理由はここにあります。

 

  • 先生は信頼できる人かどうか?
  • この塾は我が子に合っているのか?
  • 往路に危険はないか?
  • 通塾させたら本当に成績は上がるのか?

 

 

人間同士の付き合いが重要なのはもちろんですが、コンピュータをうまく活用して「安全性」を表現していくことも大切です。システムエンジニア(SE)経験者は、仕事柄、各種プロジェクトに参画することで「リスク管理」を学んできた人たちです。持ち前の「リスク管理」能力を活かして、「安全性」を表現していけば、保護者の安心材料を一つ一つ積み上げて行くことができるのです。

独立開業をお考えなら、フランチャイズWEBリポート(資料請求無料) がお薦めです。

コメントを書く








   
プロフィール
◆学習塾で独立開業をお考えの方へ
学習塾で独立開業をお考えなら、資料請求から始めることをお勧めします。しかし、やみ雲に資料を請求しても情報の選別が難しくなります。当サイトでは、比較的良質なブランドが掲載されている、フランチャイズWEBリポート(資料請求無料) をお薦めします。

サイト内検索

エントリー

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

スマホ用QRコード

qrcode

更新チェック

学習塾で開業をお考えの方へ

学習塾で独立開業をお考えなら、資料請求から始めることをお勧めします。しかし、やみ雲に資料を請求しても情報の選別が難しくなります。当サイトでは、比較的良質なブランドが掲載されている、フランチャイズWEBリポート(資料請求無料) をお薦めします。