「なぜ学習塾で開業しようと思ったのですか?」で見えること

「なぜ学習塾で開業しようと思ったのですか?」の質問

 

年間60名以上の学習塾の開業支援をさせていただくのですが、必ず「なぜ学習塾で開業しようと思ったのですか?」と質問するようにしています。

 

理由は、「開業に対する覚悟の度合い」「教育に対する志の有無」を確認できるからです。

 

お聞きすると、開業理由は実に様々ですが、根本の心理を探ると”ある共通点”が見えてきます。

 

それは、学習塾業界を選択された方は、働くことに対して「生き甲斐、やり甲斐を感じる仕事をしたい!」という価値観を大切にされていることです。

 

業種を選ぶ段階では、学習塾業界は頭になかった方も多いです。「教育系の資格を持たない」「塾講師のアルバイト経験すらない」「自分は勉強が苦手だった」「自分にはできそうにない」といった理由が多いです。

 

「自分にはできそうにない」と思っていた方も、情報収集を進めていくと、「個別指導塾の大半が異業種からの参入であり、学習塾は人から人へのサービスだから経験や実績よりも教育に対する情熱こそが大切である」ということに気付き始めます。

 

やはり、どんな事をやるにも、「情報を得て、イメージして、実行すること」が大切です。

 


学習塾フランチャイズ


学習塾開業者のうち、フランチャイズを選択された方のご意見として多いのが「リスク管理」です。

 

統計上、新しく創設された会社の90%が10年後には消滅していると言われています。開業リスクを軽減するために、フランチャイズでの起業を選択するというものです。

 

フランチャイザー(FC本部)は慎重に選ぶ必要がありますが、独学でノウハウを蓄積するよりも「組織力による利点」は大きいと言えます。

 

フランチャイズに加盟する場合の利点としては、大きく次の4点を押させておくと良いです。

 

(1)成功事例のあるビジネスモデルでスタートできる

 

(2)最新の成功事例・失敗事例が手に入る(情報共有)

 

(3)研修やシステムにより、ビジネススキルが効率的に習得できる

 

(4)常に相談相手がいる状態でビジネスが展開できる

 

 


まとめ


「なぜ学習塾で開業しようと思ったのですか?」という質問を通して、「開業に対する覚悟の度合い」「教育に対する志の有無」を確認する、と偉そうに書きましたが、多くの場合、開業者の方々は「不安で不安で仕方がない」というのが現状です。

 

だからこそ、情報を集めて、イメージして、勉強して、支援を受けて、スキルを身につける必要があります。「開業に対する覚悟」や「教育に対する志」は、独立開業の準備(研修)を進めながら育むものです。

 

学習塾では、多くの生徒たちに夢・目標・覚悟をもって勉強してもらいたいではないですか。そのためにも、まずは生徒たちのリーダーである開業者(経営者)が、「夢・目標・覚悟」を心の中に築く必要があります。

 

志高く!


個別指導塾での起業と「差別化」の必要性

個別指導塾での起業と「差別化」の必要性

 

学習塾の開業にあたって情報収集を進めていくと、「個別指導塾」というキーワードに焦点が絞られてくる方が多いです。それは、学校のような一斉授業の塾では未経験者の参入が難しいからです。

 

腕の立つ学習塾講師を雇うにしても、人脈がなければ、求人を出してもなかなか集まるものではありません。必然的に、個人が独立開業するのなら「個別指導塾」を選択することが多くなってきます。

 

しかし、そんな「個別指導塾」ですが、「ライフサイクル」という観点からすると「差別化」が欠かせない段階にあると言えます。

 


ライフサイクルを考える


商品やサービスには、「ライフサイクル」があり、次の6段階で説明されます。


(1)開発期
 ↓
(2)導入期
 ↓
(3)成長期
 ↓
(4)成熟期
 ↓
(5)飽和期
 ↓
(6)衰退期


1人の講師が1〜4人の生徒を教える「個別指導塾」は、1960年ごろに始まりました。「家庭教師のような親身な指導」のニーズを捉え、フランチャイズビジネスの発展によって「導入期」「成長期」と駆け上がってきました。

 

その後、教材やサービスの向上、コーチング導入などによって「成熟期」を迎え、「至る所に個別指導塾あり」と言われるほどの「飽和期」に至りました。

 

それでは、これから個別指導塾はどうなるのでしょうか。「衰退期」を迎えて、跡形もなくなくなってしまうのでしょうか。

 

大きく時代を捉えると、学習塾は「AI(人口知能)時代」「グローバル社会」への対応が求められています。これまでの「講師が生徒に教える」形式から「講師による精神的ケアとAIによる学習進捗・管理サポートによって、生徒が自ら学ぶ」形式への転換です。

 

情報を収集し、理解して活用する。さらに、(人間ならではの)新たな価値を与えてシェアする時代です。インターネットを活用することによって、「自ら学ぶ」環境は整備されてきました。そして、「教える」から「自ら学ぶ」への大変革をサポートすることが、「これからの学習塾」=「新・学習塾」に求められると言えます。

 

では、「自ら学ぶ」を主軸とする「新・学習塾」のライフサイクルはどうでしょうか。厳密には地区によって異なることですが、学習塾での「ロボット教室」「プログラミング教室」「自立学習をコンセプトとするデジタル教材」の普及度合いで「開発期」「導入期」「成長期」・・・を判断する方法があります。

 

単に「個別指導」を運営するのではなく、開業地の現状をライフサイクルにあてはめてみて、ここ5年、10年の保護者ニーズの変化を予測することが重要です。

 

ライフサイクルの基本、それは「古いものから新しいものへの乗り換え、コンセプトの乗り換えのタイミングも予測する」ことです。学習塾の開業にあたっては、「ライフサイクル」の視点を活用してください。


1